スヌードの編み方

マフラーともショールとも違う、首に巻くだけで暖かく、輪になっているので落ちてくる心配もない、そんなスヌードを自分で編んでみませんか。



サイトトップ > 作り目に目がないタイプの編み方

スポンサードリンク

スヌードの編み方

作り目に目がないタイプの編み方


次は、「作り目に目がないタイプ」をご紹介します。

①まず、利き手に棒針を2本揃えて持ち、反対の手には糸を持ちます。

②巻き目の要領で、棒針に糸を一重に巻きます。

③糸を持っている手を広げて輪を作り、小指側の糸を棒針にかけます。これで二目目が出来ました。これを繰り返して、必要な目数を作ります。

④必要な目数ができたら、棒針を1本抜き、作り目をコード部分に移します。

⑤かぎ針から移した最後の目とコードの間に棒針を入れ、表編みを編むように糸をかけて引き出します。この時、糸は上から下にかけて拾います。

⑥すべて拾い終えたら、編み始めの糸端と編み終わりの糸端を丸結びします。いずれ外しますので、ほどけない程度に軽く結んでください。これで、作り目が出来ました。

⑦後は、「作り目に目があるタイプ」と同じように編んでいきます。編み始める前に「目数リング」をかけるのを忘れないでくださいね。また、拾い目の半分はねじれていますので、ねじれを真っすぐに直しながら編んでいきます。

⑧目数リングのある部分まで来たら、仕上がりの半周を編んだことになります。そこからは目がねじれていませんので、そのまま編み進めます。

⑨編み終わりは伏せ止めと糸の始末をして、「目がないタイプ」の出来上がりです。


スヌードの編み方

MENU



スポンサードリンク